当社は、福井県越前市(旧、今立町)にて昭和30年に創業致しました。
当社の製品として本絹シケがあります。
本絹シケとは国内産絹糸100%の織物に、越前紙を裏打加工したものです。
絹の染色から張り合わせ、仕上げ加工まで
一貫して手作業で行っております。
これは主に、襖紙、壁紙、屏風などに幅広く用いられています。

 

2匹の蚕虫がつくる玉繭、それと1匹の蚕虫による単繭、
ふたつの繭からつくりだされる玉糸。
この玉糸を横糸に使用するため、
不規則な太さや紬(つむぎ)が得られます。
これこそが、本絹シケの特徴であります。
そこに、絹本来の光沢と優美さに紬の素朴さが溶け合い、
落ち着いた表情をかもし出します。

縦糸(単繭糸・・・節のない絹糸)
横糸(玉糸・・・節のある絹糸)
玉繭の量により紬(つむぎ)の量を調整します。

 

また、本製品は人体に有害であるホルムアルデヒドを、
全く含んでおりません。 (平成15年5月より福井県工業技術センター検査済)
ゆえに、人にも環境にもやさしい製品であります。
国内では、時代劇やドラマの襖紙や屏風、
さらに海外では、ホテルや宮殿などの壁紙にも使用されております。

 


株式会社 梅田シルク(Umeda Silk):〒915-0234福井県越前市大滝町29-33
TEL&FAX 0778-42-0534

壁紙用、絹布紙[kinufushi]不燃認定品のお求めは、
株式会社 t.c.k.w:〒106-0047 東京都港区南麻布4-13-9 鈴木ビルB1
TEL: 03-3440-4697   FAX: 03-3440-4698
http://ubushina.com/
ご注文、お問い合わせは、商品一覧記載の各問屋までどうぞ。